実録 家相・風水つれづれ日記



Vancouver Olympic (2)

 オバマ大統領はバンクーバー五輪を「ブラックベリーで
30分ごとにチェックしている」そうで、国際宇宙ステー
ションに滞在中の野口聡一さんは「インターネットで五輪の
ニュースにかじりついている」とか.

地球中、いえ、大宇宙からも熱い視線が注がれているその中で
ついに、高橋大輔選手やりましたね!

トリノの時は、重圧に押しつぶされた自分を「ガラスのハート」
と揶揄したのが、十字じん帯断裂からの見事な復帰。

その過程で、ハガネのハートを手中におさめたのか、
重圧にもめげず、メダル奪取.

日本フィギュア界(男子)の歴史を変えた日として、
私達の記憶に深く刻み込まれました.

まり之助も、山スキーでじん帯断裂を経験しており、
今でもテニスでダッシュ⇒グギっと傷の所が痛みます.
世界と戦うトップアスリートの負担たるや想像つきません.

片や、哀れなのは織田信長の末裔、織田選手の『靴ひもの変



競技後のインタビューで後からあとから溢れる涙、
(方位現象って、こんな形で現れることも有るんだ、へぇ)
みたいな目線で見つめてしまいました、ゴメン織田選手.

織田選手:1987年3月25日生まれ (年盤:四緑木星、月:七赤金星)卯年

1月30日午前に大阪空港を出発した織田選手にとって
バンクーバーはどんな方位だったかと言うと・・・

f0185688_14152945.jpg

1.月盤:(一白水星の)暗剣殺
2.年盤:七赤金星(死気:大凶)
3.織田選手は干支が卯年なので、
  東への移動は凶

という、三重苦を背負っての昨日のフリー滑走でした.

悪方位に行った場合、その方のマイナス要素が出てくる
可能性が多々ありますが、内蔵されてない性格、要素は
出て来ないので御安心下さい.(笑)

織田選手は以前に飲酒運転で摘発され、大泣きして謝罪会見
してましたが、今回の靴ヒモの変にもあの時のような
「ま、いっか」という侮りがどこかに有ったのか、無かったのか?
これは本人ではないので知る由もありません.

行った先に七赤金星が廻座していて、それが凶方だった場合、
出てくる象意のひとつに「怠惰(たいだ)」が有り、靴ヒモが
切れていたにもかかわらず交換せず、トリプルループの着氷後
プッツリで全てが水泡と帰す、なんだかコレに該当するような
気がしますが、思い過ごし??

ともあれ、試練こそが人間を一回りもふた回りも大きくするのは
高橋大輔選手の銅メダルまでの軌跡を見ても明らか.

きっとオリンピックの女神(?)様は織田選手を大きく育てようと
試金石を沢山、用意されたのでしょう.

ロシア・ソチ五輪で大輪の花を咲かせてくれることを祈ってるよ~070.gif
[PR]
by aris-0214 | 2010-02-20 14:50 | 吉方位&悪方位旅行
<< 1301本の蛍光灯 Vancouver Olympic >>


家相や引越し、旅行など、 方位移動で起きたこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30